キャンプ道具(ギア)

スノーピーク キャンピングマット(Snowpeak) インフレータブル

スポンサーリンク

皆さんキャンプでの寝床はマット派ですか?それともコット派ですか?

ジェラちゃん
私のキャンプスタイルではコットで寝るよ!地面からの冷気を防ぎたいから
私はマット敷いて寝てるよ!テントが小さいからコットだと入らないんだ
メンコちゃん
メンちゃん
僕はブルーシートを地面に敷いて後はそのまま寝るよ!自然を感じるんだ~
ジェラちゃん
・・・・
・・・・
メンコちゃん

私の場合はワンポールテントの場合はコットを使用して、ツールームテントの場合はマットを使用して使い分けをしています

使い分ける理由は

●ワンポールテントの場合は地面にグランドシートなどは一切敷かないので、地面そのままの為、コットを使用しています

●ツールームテントの場合は、インナーテントが中に別であるので、インナーテントの空間を大きく感じる為にあえてマットを使用して寝ています

今回はマットについて少し触れたいと思います(#^.^#)

スノーピーク キャンピングマット2.5w

特徴・仕様

  • サイズ=198×77×6.2(厚み)cm 重量=1.9kg
  • マット本体、ポンプ収納ケース、リペアキット
  • 材質:表地/75Dポリエステル、裏地/75Dポリエステルノンスリップ加工 インナー/TPUフォーム、バルブ/ABS樹脂 収納サイズ:φ20×85cm

 

 

 

 

 

引用元=スノーピーク公式サイト

カラーもいい感じで色々なテントで馴染みやすいカラーだと思います

ココがおすすめ

使用時の厚みが6.2cmあるので寝心地がいい

パンちゃん
良さそうだけど、実際空気を注入したり撤収時の折り畳んだりするの面倒なんじゃないの?

はい!私もマットを使うまではそう思ってました(笑)肺活量そんなにあるわけじゃないので・・

使い方を見てみると

step
1
収納袋から出して広げる

step
2
バルブをひねり放置

 

 

 

 

 

引用元=スノーピーク公式サイト

バルブは、軽い力で開閉出来ます!閉じる時には最後に軽く押し込んでもうひと締めすることで完全に閉じることが出来ます!

step
3
付属の袋でマットの硬さを調整する

 

 

 

 

 

引用元=スノーピーク公式サイト

何気に大変そうに見えますが、実際やってみるとかなり簡単に空気入れる事出来ます( ..)φメモメモ

マットのバルブ部分に袋を接続するだけなので簡単です

空気を沢山入れる為に、何回もやるというよりは自分の好みの硬さに調節というイメージの方がいいかもしれません

余談

袋入り口側をバタバタさせてから口部分を締めれば袋に楽に空気を貯められる

メンコちゃん
他に特徴などはあるの?

後はマット同士を簡単に連結させることが出来るので、必要に応じて家族でゴロンと寝るにはいいかもしれませんね!

 

 

 

 

 

引用元=スノーピーク公式サイト

上記は二つを連結させたイメージです(*'▽')

後はリペアキットが付属しているというのも万が一の際の対応が出来るので安心です(相当地面がごつごつしていたり過酷でなければ大丈夫だと思います)

通常のキャンプ場で使う分には破損はほぼないと思います(私も破損していませんし)

では撤収時の部分も少し見てみると

step
1
バルブを開けて、バルブとは反対側から強く巻きながら空気を押し出す、巻き終わった後はバルブを閉じる

 

 

 

 

 

引用元=スノーピーク公式サイト

step
2
バルブを閉めたまま再度広げ、マットを縦に半分に折る

 

 

 

 

 

引用元=スノーピーク公式サイト

step
3
縦半分に折ったマットを再度巻く、バルブを完全にLOCKした状態で最後に収納ケースへ

 

 

 

 

 

引用元=スノーピーク公式サイト

簡単じゃないですか?

ズボラな私でも慣れれば問題ありません(慣れとは折り畳み方の手順くらいですけどね)

こんな方におすすめ

  • 簡単にマットを設置・撤収したい人でかつ寝心地も求めて寝たい人
  • 連結する用途も想定していて、スノピのブランドが好きな人
  • きちんとしたマットを探していて、車中泊でも使ったりと色々な場面で兼用も想定している人
  • いざとなったときに補修や修理に出す事も考えている人

スポンサーリンク

-キャンプ道具(ギア)

© 2022 やすぽんのキャンプブログ〜ふと思った時に書き綴る〜 Powered by AFFINGER5