キャンプ道具(ギア)

サバティカル (モーニンググローリー TC ライトベージュ) テント

スポンサーリンク

個人的にキャンプのテントやタープに関しては、テンマクデザインとサバティカルを愛用しています(#^.^#)

春、夏、秋⇔テンマク サーカスTC+タープ

冬⇔サバティカル アルニカ

を使い分けしています

そんな中、ワンポールテントのメリットは設営撤収が簡単な事なのですが、どうしてもサーカスTCなどは端っこにいくにつれて狭くなってしまうのですが(しょうがないけど)

ちょっと前から気になっているテントがあるんです

サバティカル モーニンググローリーTC

モーニンググローリーTC 仕様

サイズ:W470×D440×H270cm(収納サイズW77×D36×H23cm)
・総重量:14.35kg(本体重量9.2kg、ポール重量3.7kg、ペグ重量1.45kg)
ウォール素材:撥水加工TC素材(コットン/ポリエステル混紡素材)
・マッドスカート/トップキャップ素材:210デニールポリエステルオックス
・センターポールサイズ:32φmm×270cm ポール素材:スチール
・フロントポールサイズ:22φmm×180cm ポール素材:スチール
・サイドポールサイズ:19φmm×84cm   ポール素材:スチール
・ハンガーテープ素材:ポリプロピレン

 

 

 

 

 

 

 

引用元=公式サイト

サイズのイメージは上記のような感じです

ここでサーカスTCなどのワンポールテントを使用している人だと??って思う人もいるかもしれません

そうなんです、よくイラスト見ると片方部分のデザインがスパッと切られているようなデザイン?ですよね

このデザインが今回のポイントですね( ..)φメモメモ

 

 

 

 

 

 

 

引用元=公式サイト

完成後のデザインはこんなです

 

 

 

 

 

 

 

引用元=公式サイト

横から見るとこのような感じ

個人的にはあまり見かけなかったサイドビューです( ゚Д゚)

もっと具体的にポイントを見ていくことにします

step
1
大きいフロントパネル

 

 

 

 

 

 

 

引用元=公式サイト

フロント部分に3本のサブポールを入れることにより、前方の空間を大きく確保し、圧迫感のないリビングスペースを実現

step
2
フロントメッシュ

 

 

 

 

 

 

 

引用元=公式サイト

フロント部分が前面メッシュになっているので、虫の侵入を防げかつ室内側からの視界の確保

step
3
最大4人程度までが快適に過ごせる

 

 

 

 

 

 

 

引用元=公式サイト

家具だけのセットであれば最大で4人程度までが過ごせる

インナーテント設置時や荷物の量なども考えるとソロ~2人程度がBEST

step
4
フロント入り口部分のみビスロンジッパー仕様

 

 

 

 

 

 

 

引用元=公式サイト

フロント入り口部分のみビスロンジッパー仕様(逆側はコイルジッパーですのでご注意を)

step
5
ハンガーテープが付属で付いている

 

 

 

 

 

 

 

引用元=公式サイト

ランタンを吊るせるようにハンガーテープが最初から付属されている

三か所吊り下げられるようリング付き

GOODポイント

ランタンを吊るせるように最初から考えられている

step
6
ベンチレーター

 

 

 

 

 

 

 

引用元=公式サイト

下部に設置されたデザインが特徴的なベンチレーターかつ雨の侵入しにくいよう考慮されている

step
7
バックパネル・サイドパネル

 

 

 

 

 

 

 

引用元=公式サイト

バックパネル(画像左)を閉じればサイドパネル(画像右)を開けることが可能

さらに詳しく

サイドパネルを開ける際はバックパネルはペグダウン必要(2箇所)

 

と色々使いやすいテントですが一つだけデメリットがあるんです

それは

ココが注意

人気がありすぎて抽選などなかなかスムーズに購入出来ない事

スポンサーリンク

-キャンプ道具(ギア)

© 2022 やすぽんのキャンプブログ〜ふと思った時に書き綴る〜 Powered by AFFINGER5