キャンプ道具(ギア)

テンマクデザイン(ガレージテント)tent-Mark DESIGNS  

スポンサーリンク

最近は本当に色々なテントが発売されていますね

ソロ用から大人数用まで様々な物が出ていると思います

そんな中面白いテント見つけました

メーカーの説明ではこんな文章が

道具好きな男性ソロキャンパーにぜひとも使っていただきたい、新しいコンセプトのソロ用ロッジテントと記載があります

テンマクデザインのガレージテント

一言でガレージテントといっても人によってイメージは違うとは思うのですが個人的にふと思う事は

男性であればガレージは欲しい・・・(笑)

そしてガレージにキャンプ道具を置いて・・・棚をセットして道具を分別して配置・・・ちょっと照明などにもこだわりを見せて・・・などなど

想像するだけでもテンションが上がります

話は少しそれましたが、今回は

外観はこんな感じです

 

 

 

 

 

 

 

引用元=wild-1公式サイト

寸法もざっくり見てみると

 

 

 

 

 

 

 

引用元=wild-1公式サイト

上記のような感じです

ガレージテント(仕様)

  • サイズ(約)=283×231×(H)212cm インナーテントサイズ(約)=205×100×198cm 収納サイズ(約)=70×30×30cm(フライ、インナーテント 66×25×25cm(ポール一式)
  • 総重量(約)=25.9kg(ポール/ペグ/張り綱/スタンディングテープ/収納ケース含む) 本体重量(約)=10.76kg(フライ、インナーテント)
  • 素材:
    [フライシート] 屋根/ポリエステルリップストップ150D(耐水圧/1500mm)、ウォール/コットン混紡生地(TC) 撥水加工済み(ポリエステル65%コットン35%)、メッシュ/ポリエステル強化メッシュ、ポリエステルメッシュ
    [インナーテント] ウォール/ポリエステルタフタ68D、フロア/ポリエステルリップストップ150D(耐水圧/1500mm)、メッシュ/ポリエステルメッシュ
    [ポール]スチール、樹脂
  • 付属品:ライナーシート、キャノピーポール(170cm)×2本、ペグ×27本、張り綱×14本、スタンディングテープ、収納ケース×3

ぱっと見ガレージですね

テント自体の色もいい感じにサイトで目立つのではないかな?と思います

 

 

 

 

 

 

 

引用元=wild-1公式サイト

インナーテント取り付け時の正面からは上記のような感じです

ココもおすすめ

屋根の結露からリビングを守り、遮光性もあるTC製ライナーシート標準装備

どのようなライナーシートかというと下記のようなシートが最初から付属されているのはいいですね

どうしても冬の時期になってくるとテント内部の結露問題は避けれないですから

 

 

 

 

 

 

 

引用元=wild-1公式サイト

個人的に私も冬キャンプをするので(マイナス10度前後の場所)結露問題はよく直面するのですが、購入時にこうゆうシートが付属してあるのであれば嬉しいですよね

私の保有テントはそもそもメーカーから出ていないので諦めましたが・・

余談ですがマイナス10度くらいにもなると、朝起きると幕内は結露というよりは凍ってますのでポタポタとは垂れてきません(笑)

 

 

 

 

 

 

 

引用元=wild-1公式サイト

キンちゃん
完成形のテントを見ると、もはや家のようにも見えるね

まだキャンプ場であまり見ないので、テント内を自分なりのレイアウトを決めればインスタなども映えそうですね(#^.^#)

こんな方におすすめ

  • このデザインや色が気に入った人
  • 自分なりの使い方で頭の中でイメージできた人
  • 人と違ったテントをこれから買おうとしている人
  • サイトでいい意味で目立ちたい人

スポンサーリンク

-キャンプ道具(ギア)

© 2022 やすぽんのキャンプブログ〜ふと思った時に書き綴る〜 Powered by AFFINGER5