キャンプ道具(ギア)

テンマクデザイン(炎幕レクタタープ)tent-mark designs シンプルで使いやすいサイズ

スポンサーリンク

突然ですが皆さんはタープ何セット保有しておりますか?

キンちゃん
1セットしか持ってないよ
2セットかな
ジェラちゃん
メンちゃん
僕はタープという名のブルーシートを使っているよ!
・・・・
ジェラちゃん
キンちゃん
ブルーシートって・・・

そう、タープはスタイルによっては1セットも持っていない人もいると思います

逆に3.4セットとか持っている人もいると思います

ちなみに個人的には

きちんとキャンプ宿泊の際はサイズの大きめなA タープ

日帰りやBBQ程度の簡易的な時や雨予報が濃厚な時にはBタープと用途や場面によってタープを使い分けています(#^.^#)

今回は個人的にお薦めな日帰りやBBQ時などにお薦めなタープを記載したいと思います

テンマクデザイン(炎幕レクタタープ)

先に仕様などを見てみると

仕様

材質

フライシートポリエステルオックス210D
(PUコーティング/撥水加工)

耐水圧1,500mmサイズ

収納サイズ(約)420×120×120(高)mm

組立サイズ(約)2,900×2,900mm

重量(約)1.62kg付属品張り綱(3m×4本、8m×2本)、収納ケース

 

 

 

 

 

引用元=テンマク公式サイト

設営後のstyleはこんな感じです

レクタ型なので使いやすいと思います

 

 

 

 

 

引用元=テンマク公式サイト

サイズも設営しやすく気軽に設営できると思います

 

 

 

 

 

引用元=テンマク公式サイト

収納袋もついているので、収納時もかさばらないのがいいポイントです

 

 

 

 

 

引用元=テンマク公式サイト

ココがポイント

火の粉に強い、難燃加工

パンちゃん
難燃加工されているけど、絶対に火の粉で穴が開かないわけではないから注意が必要だよ

実体験であまり大きいサイズのタープで色んな場面で使おうとすると大は小を兼ねない場合(設営が面倒、場所が狭い、そこまで長く滞在しない等)があるので、2種類くらいのサイズを持っていると個人的には気が楽です

さらに詳しく

ポールとペグは別売り

こんな方におすすめ

  • 大きいサイズのタープは持っているが、もう1セット手ごろサイズのタープを検討している人
  • 短時間など、気軽にパッと設営するとき用のタープが欲しい人
  • テンマクのメーカーが好きな人
  • サイズと難燃加工されているのが自分のstyleに合う人
  • 手ごろな値段のタープを探している人

スポンサーリンク

-キャンプ道具(ギア)

© 2022 やすぽんのキャンプブログ〜ふと思った時に書き綴る〜 Powered by AFFINGER5